Asyl

特別企画第9弾「ファッション、モードから美術へ またはその逆」

1994年にイッセイミヤケグループよりファッションブランド「FINAL HOME」を立ち上げる。そのコンセプトから既存のファッションブランドとは違うものを作り続け、時に美術作品的な領域まで表現の幅を広げながらもなお起点のモードを続ける津村耕佑。また、舞台・現代美術での活動を経て、1995年に原宿にショップ「6%DOKIDOKI」をオープン。以降原宿に集う若者達を熱狂させ続け、 kawaiiカルチャーの第一人者として活動、きゃりーぱみゅぱみゅの美術演出なども担当し、昨年はNYでの初個展を成功させた増田セバスチャン。方向性こそ全く違うもののほぼ同期のキャリアの中でファッションからアートまで縦横断しながら現在まで来たお2人から、今同時にお話を伺うことは非常に面白いものになるのではないか?と言う閃きのもと初顔合わせのトークでその多岐にわたる活動から今後のクリエイション、モード、美術について、またそれらの本質について聞きます。

日程:2015年2月6日(金)
時間:19:00〜22:00(後半は懇親会)
料金:1000円(ワンドリンク付)
会場:美学校
詳細:美学校サイト

Page Top © 2017 Asyl